papeterie

色画用紙を使ったカードや
立体作品をご紹介しています

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

JUGEM Blog検索 JUGEM Blog検索
おりがみ会館

PC050482_2.jpg
12/13まで開催されている「ミニ講習 かんたん折り紙レッスン」クリスマスツリーを勉強したく、御茶ノ水 おりがみ会館にうかがいました。こちら、文房堂さんからもほど近く、ずっと伺ってみたかった場所。3Fの売り場では豊富な和紙材料、書籍とともに展示作品、ミニ講習、館長の飛び入りデモンストレーション、そして4Fの工房見学、どれも本当に楽しく魅力的で、今度はもっとゆっくりお伺いしたいと思いました。

今回講習を受けたミニツリー、書籍に折り方の説明が記載されているそうなのですが、どの本なのかお伺いしびれてしまい、今度きちんと確認しようと思っていますがこちらの本 表紙作品が近いように思います。またネットショップにもクリスマスキットがあります。

ツリーは1枚の紙でできているので、緑金or緑銀のリバーシブルの和紙
メタルカラーで作ると、星、そして土台の足部分が映えてきれいです!通常の折り紙よりも少し厚手ですが、しっかりとした丈夫な仕上がりになります。
PC050483_2.jpg
工房は、当日うかがってもお昼休み時間以外は、作業を見学させていただけるという、なんとも寛大な対応。作業されていらっしゃる方に、見学希望を申し上げると、本当に快く対応頂き大感激でした。天井には、乾燥を待つ金色に輝く和紙がカーテン状に整然と並んでいました。
PC050486_2.jpg
ちょうど私が見学させて頂いたのは、こちらの赤色に染めた和紙に、フリーハンドで金の模様をつける作業。
一日300枚くらい作業されるそうです!
PC050488_2.jpg
和紙染めに使ういろいろな道具もご説明してくださいました。
左の寸胴鍋は、染料液に紙をつけて染める時につかうもので、右の棚のように見える器具は、薄手の和紙を染めるときに使うプレス機とうかがい、びっくりしました。

整然と並んだ刷毛も、とてもきれい。
こうした道具を拝見すると、本当にわくわくしてしまいます。
PC050496_2.jpg
フリーハンドで金色の模様を入れる作業のご様子。
線の勢いが大事な模様。全身を使って、紙いっぱいに線を引くご様子は、ずっと拝見していたいほど魅力的です。
PC050502_2.jpg
できあがった紙を一枚一枚、天井の棒にかけて乾燥を待ちます。
PC050489_2.jpg
染める際、下敷きに使う紙は特別に丈夫な和紙。
こうした意図しないでできた模様もまたきれいです。
この丈夫な和紙を漉くことのできる職人さんは、今はおひとりしかいらっしゃらないのだそう…寂しい限りです。
PC050507_2.jpg
会館の入口には、和紙のツリーがディスプレイされ
夜になるとイルミネーションに照らされ、また違った表情を見せてくれます。

館長の小林さんがデモンストレーション中 何度もおっしゃっていた「いい素材を使って簡単に楽しく手を動かすことが大事」というお話しに共感し、四角い紙が次々と立体になる魔法に感動しました。そして、紙と手で作るシンプルで奥の深い世界、もっと自由に楽しんでみたいと思いました。

| Shop | 21:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
素敵な世界!こうしてブログで拝見するだけでもうっとりします…。実際に目にすると感動ももさらにさらに大きいのでしょうね〜。(*^_^*)いつか、娘を連れて行ってみたいです☆
| 光渓 | 2012/12/12 6:00 AM |
光渓さま!
工房の雰囲気、少しでも感じて頂ければ嬉しいです(^.^)
毎日違う作業をされているので、また違う日にうかがう楽しみもあります。
そして何より、当日の見学申し込みにもかかわらず、本当に丁寧に熱心にいろいろなご説明をして頂き大感激でした!
売り場フロアにはまたすごいおりがみ作品が多数展示されていて、大人も子供も楽しめる、和紙のワンダーランド♪
いつか是非!
| ikuko | 2012/12/14 12:35 AM |









トラックバック機能は終了しました。