papeterie

色画用紙を使ったカードや
立体作品をご紹介しています

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

JUGEM Blog検索 JUGEM Blog検索
レッドハートストア様ワークショップ ありがとうございました!
P9234541_2.jpg
レッドハートストアさまでのワークショップにご参加頂きましたみなさま、本当にありがとうございました!
長く講習時間を頂きながら、レジンの硬化時間を十分に予測できずお時間がかかってしまい、申し訳ございませんでした。
お家でまた楽しまれてみたいみなさまに、手順のおさらいをさせて頂ければと思います。
P9234542_2.jpg
ボトルにはいったレジンを直接ビーズにつけ
P9234543_2.jpg
プラスチックのへらなどで、全体に均一に塗っていきます。
へらは、ファーストフード店などのコーヒースプーンなどを使うと便利です。一度にたくさんレジンをつけず、少しずつ薄くつけてのばすとよいでしょう。
P9234545_2.jpg
レジンが乾いたら、ビーズを革紐に通していきます。
ビーズのストッパーと長さの調整を兼ね、3本の革紐それぞれに結び目を作ります。各紐に2〜3個の結び目とビーズをつけるとバランスがよいと思います。結び目はビーズ位置がずれるよう、少しずつずらして作るのがポイントです。
ワークショップで使ったサンプルでは、結び目とビーズを各紐にそれぞれ2個でお作り頂きました。
写真はその応用で、1つビーズをふやしてみたバージョンです。
P9234546_2.jpg
最後に手首の長さとあわせて紐の長さを調整し、余分な紐をカットし幅3mmくらいにカットした両面テープで仮止めしておきます。幅の広い両面テープで仮止めすると金具からテープが見えてしまうので、その点どうぞご注意を!
P9234547_2.jpg
そのまま金具に差しこんで
P9234548_2.jpg
ペンチ(内側にギザギザがないタイプ)でしっかり固定して完成です。
P9234551_2.jpg
今回は装着が簡単なマグネット式の留め具を使用したので、腕時計との同時の装着にはどうぞご留意ください。
また雨天時などの革紐の色落ちにもお気をつけ頂ければと思います。
ブレスレットやバックチャームでのご紹介をさせて頂きましたが、どうぞみなさまのアイデアでお楽しみ頂ければ嬉しく思います。この度も本当にありがとうございました!
| レッドハートストア様 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。