papeterie

色画用紙を使ったカードや
立体作品をご紹介しています

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

JUGEM Blog検索 JUGEM Blog検索
9月 マルマン様教室 ありがとうございました!

DSCF5208_2.jpg
今月もマルマン様教室にご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!是非お家でじっくり、飾りつけを楽しんで頂ければと思います。
DSCF5212_2.jpg
秋の気分のブラウン地に、バーサマークでシックにスタンプで飾っていただきました。
DSCF5211_2.jpg
7月の作品をご持参頂いた方も♪
用途に応じて、使い分けを楽しんで頂ければ嬉しいです。
DSCF5210_2.jpg
シルクの編み糸を使って、刺繍を仕上げて頂いた方も♪
お家でのんびり、いろいろな柄を楽しんでいただければ嬉しく思います。
IMG_9704_2.jpg
仕上がった刺繍を飾りとして貼って頂くときは、模様外側5mmくらいの大きさでカットし、裏の糸の部分と、カットした縁の部分にチューブのボンドをつけて、しっかりおさえながらのりづけしていくと、浮き上がらずに糊付けができると思います。
小さなお花のモチーフも同様に、縁に近いところにはみださない位の量でボンドをつけ、しっかりおさえていただくのがポイントです。
私はちょっとノスタルジックなシンプルな飾り付けにしましたが、是非皆様のアイデアでアレンジしてお楽しみ頂ければと願っています。
DSCF5217_2.jpg
ミ・タントとお揃いのカラーの毛糸は刺繍をはじめ、ラッピングやカードを作るときのアクセントにご活用頂ければと思います。秋冬のギフトにリボン代わりに毛糸を使うと可愛く、暖かい感じのラッピングをお楽しみ頂けると思います。
DSCF5216_2.jpg
ボタン型の割りピンも楽しく収納しながら、取り出して使ったり…本物のボタンや、紙のパーツを飾ってみたり…皆様の工夫でいろいろお楽しみ頂ければ嬉しいです。
DSCF5218_2.jpg
お花柄の薄い紙は、ラッピングペーパー。そのまま贈り物にお使い頂くのはもちろん、花束の模様を切り出してストックしたり、アルバムに貼って飾り付けをしても楽しいかな、と思います。この紙を貼るときは、スティックタイプのりがシワになりにくくオススメです。

今月も本当にありがとうございました!
来月は、ハロウィンをテーマに、秋のクラフトをお楽しみ頂こうと思っております。どうぞよろしくお願いいたします!

| マルマン様教室 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。