papeterie

色画用紙を使ったカードや
立体作品をご紹介しています

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

JUGEM Blog検索 JUGEM Blog検索
スパイラル ローズ「手書き編」

ペーパークイリングの手法でできるスパイラル ローズ。ホビーショーではお時間の関係で、皆様に楽しさを充分お伝えできず、申し訳なく思っておりました。今回はお家にある道具でもできる方法を、「手書き編」としてご紹介させて頂きます。
平面の渦巻き模様が、くるくると巻くだけでバラになる不思議…最初に知ったときとても感動しました。呼び名はいろいろあるようなのですが、ここではスパイラル ローズの名前を使わせて頂きました。
今回は、10cm角の用紙を使っています。
DSCF6471_2.jpg
【1】最初に、用紙に渦巻き模様を描きます。この線は鉛筆などで書いたとき、カット後消してもよいのですが、マーカーなどで書き、最後に同色のマーカーで色づけをしたり、時間がたつと線が消えるチャコマーカーなどを使うのもおすすめです。写真では用紙の表面に描き、表面を見ながら作業しています。この場合右利きの方は、時計と反対周りに書いておくとカットしやすいと思います。ここでは、線同士の間を1.5cm(一般的なマスキングテープの幅と同じ)程度にしました。この幅が最後の工程で、花の高さになります。
DSCF6472_2.jpg
【2】この線に沿って渦巻き線の一番外側から、ナミナミ状に普通のはさみでカットしていきます。このカット線が、花びらの形になります。ナミナミに切れる模様ばさみなどをお持ちの方は、そちらを使っても楽しめます。カットされるデザインによって、いろいろなバリエーションの花作りが楽しめます。
DSCF6473_2.jpg
線に沿って、中心までカットしたところです。
中心に残る小さな円の部分が、バラの土台になります。
DSCF6475_2.jpg
【3】カットした一番外側部分から中心に向かって、用紙をくるくると巻いていきます。今回は道具を使わず手で巻いています。小さい紙や巻きにくい場合には、ようじなど細い棒をあてて巻き始めると、よいでしょう。(ようじは途中ではずしても大丈夫です。)
DSCF6476_2.jpg
中心まで巻き終わったところ。いったん巻きクセをつけた紙は手を離しても元に戻らないので、少し手をゆるめながら、ここでバラの形を整えます。強く巻くと小さめのバラに、ゆるめに巻くと大きめのバラになります。
DSCF6477_2.jpg
【4】カット時に残した中心部分に、ボンドをつけます。DSCF6479_2.jpg
【5】バラの中心部分と、底の部分を指ではさんでおさえ、しっかりのりづけします。ボンドが乾けば完成です。
DSCF6481_2.jpg
【6】お好みで、花びらのふちに色をつけてもよいでしょう。ここではメタリック系のスタンプインクを筆につけ、ふち部分に色をつけました。
DSCF6484_2.jpg
色づけが完了したところ。同じサイズの用紙を使っても、巻き方によって出来上がりのバラの大きさが変わってきます。
DSCF6482_2.jpg
金、銀色などの顔料系のボールペンなどで線を書き、同色のスタンプインクで色づけすると、最初に書いた線が目立たなくなります。またスタンプ用のマーカーなどもあるので、こちらも同色のインクで最後に色づけしてもいいですね。色づけをしない場合は、チャコマーカー(時間がたつと線が消えますが、お使いの紙で試されるのがおすすめです)や鉛筆(カット後、消しゴムで線を消す)を使うとよいでしょう。

平面の線での印象よりも、出来上がりの立体は小さくなるので、最初は、ちょっと大きめかな…と思うくらいの紙で試してみるとよいのではないかと思います。簡単に楽しくできるバラ作り、いろいろな色で是非試してみてくださいね。

| クラフト | 00:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
作り方レシピありがとうございます!
チャレンジしてみます(^^)
見たところ簡単そうですが、実際には慣れが必要でしょうか。。。
ホビーショーのブースにあった50色の薔薇はとても綺麗でした。
ミ・タントはどれもとても良い色ですよね。

私はこの度15センチのタント紙で100色の薔薇に挑戦しました。(ブログに載せています)
ミ・タントでも折れればいいのですが、ちょっと厚すぎるので、残念なのです(>_<)
| ako | 2011/05/17 1:24 AM |
akoさま!

百色の薔薇、拝見しました!
すごいっ、そして本当にきれいです…うっとり…
http://ameblo.jp/taiannkitijitu/entry-10893378272.html
(皆様にもご覧頂きたく、URLを貼らせていただきました!
トップページでは、作り方もご紹介されているので是非どうぞ♪)

ミ・タントでの折紙、私も挑戦したことがあるのですが、やはり残念に思い…クイリングのバラのにはとても適していると思います(^^)

折紙よりもこちらの方が簡単では、、、と思うので、いくつかお作りになると、きっとすぐに慣れると思います。

くるくると巻いて同じ大きさに仕上げるガイドとして、ちいさな筒とか(アルミホイルの芯をカットしたり、短冊状の紙を丸めて筒にするなど)、円を書いた紙の上で大きさを確認したりするとよいかも知れません。

また箱に入れて、きゅっと詰めて仕上げると、多少の大きさの違いなどが気にならず、オススメです♪

akoさまの作品の幅が広がること、楽しみにしております!
| ikuko | 2011/05/17 11:12 AM |
ikukoさま。

私のブログまでご紹介頂いてありがとうございます!!
とても嬉しいです(^^)

折り紙で折ると1個折るのに20分くらいはかかるので、
こちらの方が勢いに乗れば一気に作れるかもしれませんね。
是非挑戦してみます(^^)/

ペーパークラフトの世界が広がってとても楽しいです♪
ありがとうございました。

| ako | 2011/05/17 11:29 PM |
akoさま

こちらこそ、嬉しいコメントいただきありがとうございました!
またブログで新しいバラに出会えること、楽しみにしております♪
| ikuko | 2011/05/17 11:44 PM |









トラックバック機能は終了しました。