papeterie

色画用紙を使ったカードや
立体作品をご紹介しています

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

JUGEM Blog検索 JUGEM Blog検索
ラ・ドログリー

droguerie.jpg
『1975年のある晴れた日、パリのレ・アール地区、ジュール通りにラ・ドログリーは生まれました。
"la Droguerie"ラ・ドログリーとは、フランス語で「日用雑貨店」のこと。
drole(おもしろい)という言葉にかけた、おもしろい店のおもしろい名前です。 
私たちは、染色材料やいろいろな種類の材料を大きなビンや袋に入れてお客様の相談にのりながら量り売りをしていた、昔ながらのフランスのお店のイメージで色を売っています。
この色とディティールこそ私たちが再現したかったものなのです。
いつも何か発見があって、たくさんのアイテムとたくさんのアイデアが詰まった魔法の場所。
そう、それはまるでアリババの洞窟に迷い込んだかのような…
私たちがデザインし、セレクトしたビーズ、ボタン、スパングル、リボン、ガロン、生地そして毛糸。ラ・ドログリーでは年に2回、モードにあった、そして私たちの「今欲しいもの」を集めた新作コレクションを発表しています。
スタッフの的確なアドバイスとともに、初めての方も、テクニックのある方も、みんなが今の気分にあったアクセサリーやニットを作ることができる。ラ・ドログリーには、ひとりひとりが自信を持って「これ、私が作ったのよ!」と言えるよろこびがあります。』
大好きなお店のひとつ、ラ・ドログリーパンフレットより転記させて頂きました。

最近では表参道、池袋、渋谷と都内に店舗がふえ、一部の商品ですが通信販売も開始され、嬉しい限りです。お店にうかがうと、毎回あっという間に時間がたってしまうのですが、このお店の紹介文をあらためて読んで、お店のコンセプトと自分のやってみたいこと、形態は違いますが方向性がとても近いことを感じ、なんだか嬉しくなってしまいました。
おもしろさ、色、ディティール、よろこび、発見、、、子供はもちろん、オトナにとってもわくわくする楽しさをこれからも探していきたいなと、あらためて感じています。

| Shop | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。