papeterie

色画用紙を使ったカードや
立体作品をご紹介しています

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

JUGEM Blog検索 JUGEM Blog検索
キャスキッドソン・カフェ

DSCF0482_2.jpg
昨年Openしたキャスキッドソン・カフェに初めて行ってきました。

テラスモールは辻堂駅から直結の便利なロケーション。カフェは2階の駅改札から続くモール入口のすぐ左手にあり、一歩中に入るとそこはカラフルでポップな夢の世界が広がっています。
DSCF0483_2.jpg
今回はパイ包みとブレンドティーを注文し、おいしく頂きました。
午後になると満席になることが多そうなので、できれば平日の11時ごろお店に行かれるのがおすすめです。
DSCF0478_2.jpg
こちらはオリンピック記念の可愛いデザートプレート。季節限定のメニューもあるので楽しめます。
辻堂テラスモールにはユザワヤやLoftも入っており、とにかく広い(@_@;)一日いても楽しめるスポットだと実感しました。

| Shop | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャンディーブーケ

DSCF9521_2.jpg
文房堂さんからほど近い神保町の、キャンディーブーケさん。アメリカ映画のパーティーシーンを思いおこさせてくれる、カラフルなブーケが並んでいます。アートフラワー&キャンディーに、リボンやピック飾りを組み合わせた、みているだけで幸せな気分になるブーケの数々。バースデーやウェディング、また季節ごとにテーマのあるアレンジを作られていますが、お花屋さんと同じようにイメージや要望をご相談しながら作って頂くこともできます。
DSCF9522_2.jpg
バレンタイン時期にうかがったちょうどこの頃は、ハートモチーフを使ったアレンジがいっぱい並んでいました。
DSCF9520_2.jpg
小さなブーケやリース、そして大きなアレンジまでいろいろな種類が揃い、眺めているとステッカーやパンチを使って、こんなアレンジのカードを作ったら可愛いだろうなぁ…といろいろなイメージが膨らんできます。Webショップや、Yahooショップもあります。

| Shop | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラ・ドログリー

droguerie.jpg
『1975年のある晴れた日、パリのレ・アール地区、ジュール通りにラ・ドログリーは生まれました。
"la Droguerie"ラ・ドログリーとは、フランス語で「日用雑貨店」のこと。
drole(おもしろい)という言葉にかけた、おもしろい店のおもしろい名前です。 
私たちは、染色材料やいろいろな種類の材料を大きなビンや袋に入れてお客様の相談にのりながら量り売りをしていた、昔ながらのフランスのお店のイメージで色を売っています。
この色とディティールこそ私たちが再現したかったものなのです。
いつも何か発見があって、たくさんのアイテムとたくさんのアイデアが詰まった魔法の場所。
そう、それはまるでアリババの洞窟に迷い込んだかのような…
私たちがデザインし、セレクトしたビーズ、ボタン、スパングル、リボン、ガロン、生地そして毛糸。ラ・ドログリーでは年に2回、モードにあった、そして私たちの「今欲しいもの」を集めた新作コレクションを発表しています。
スタッフの的確なアドバイスとともに、初めての方も、テクニックのある方も、みんなが今の気分にあったアクセサリーやニットを作ることができる。ラ・ドログリーには、ひとりひとりが自信を持って「これ、私が作ったのよ!」と言えるよろこびがあります。』
大好きなお店のひとつ、ラ・ドログリーパンフレットより転記させて頂きました。

最近では表参道、池袋、渋谷と都内に店舗がふえ、一部の商品ですが通信販売も開始され、嬉しい限りです。お店にうかがうと、毎回あっという間に時間がたってしまうのですが、このお店の紹介文をあらためて読んで、お店のコンセプトと自分のやってみたいこと、形態は違いますが方向性がとても近いことを感じ、なんだか嬉しくなってしまいました。
おもしろさ、色、ディティール、よろこび、発見、、、子供はもちろん、オトナにとってもわくわくする楽しさをこれからも探していきたいなと、あらためて感じています。

| Shop | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
グランシュマン


友人から教えて頂いて以来、大好きなお店のひとつになった渋谷のマニーさんのショップ、懐かしいくつろぎの時間、という意味の「オ・タン・ジャディス」。パリのメルスリーを再現された、その名の通りどこか懐かしく暖かい手芸屋さんでした。地下にはクレープとそば粉のガレットがおいしい「オ・タン・ジャディス クレープリー」があり、初めてガレットを食べたとき、そのおいしさに感激しました。先日うかがったところ、1階の店舗はブロカント&ナチュラル雑貨を扱う「グランシュマン」に、4/1にリニューアルオープンされていましたが、お店のたたずまいと、クレープリーは昔のままでした。駅から少し離れた立地ですがお昼どきのクレープリーは満員!でもずっと探していた、リボン収納BOXにぴったりのスプールを見つけることができ、とても嬉しく思いました。

こちらは現在中古のみ入手可能で恐縮ですが2005年発売のマニーさんの本。お店のこだわりがいっぱいつまった素敵な一冊です。手作り用品をはじめ、フランスのちょっと古い雑貨など、毎日のくらしに取り入れて使う幸せを教えてくれます。お教室でもリボンやチロルテープなどを通じ、皆様にそんな気持ちを少しでも感じて頂ければと願っています。

| Shop | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
横浜ディスプレイミュージアム
 
所用で久しぶりに横浜まで出かけ、かねがねうかがってみたいと思っていた横浜ディスプレイミュージアムに立ち寄りました。横浜駅より徒歩12分、新しくできた「きた東口」からショップに向かい、これまであまり歩くことのなかった横浜をてくてく散策しながら辿りつきました。

お店のディスプレイや、花材を中心に、クラフトにも使える商品がたくさん並び、1Fはディスプレイのテーマパークのような作り。お店に飾ると映えるであろう、大型のアンティーク用品から季節の小物まで扱われています。2Fはプリザードフラワーや花器、ラッピングやクラフトに使える紙やリボンなどなど…楽しく拝見しました。今はちょうどバレンタイン用のいろいろなデザインの容器や花器を陳列されている真っ最中。季節を先取りした品物をみていると、暖かい春が待ち遠しくなってしまいます。
そんな多くの品々眺めているうち、あっという間に時間がたってしまい、ショップエントランス正面に見えるみなとみないの風景は、すっかり夜の風景に。ポートサイド公園に隣接しているので、愛犬を連れてのお散歩にもぴったりのスポットです。
| Shop | 14:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
新宿ユザワヤ

本日11/1、新宿高島屋タイムズスクエア11Fに、ユザワヤがオープン!昨日電車の中から、タイムズスクエアの壁面にユザワヤのロゴを発見し、驚きとともに初めて知りました。きっと今日は多くの方でにぎわっているのではと思います。都心最大級の面積の売り場で、営業時間も20時(土曜日は20時30分)まで。同じくタイムズスクエアビルの東急ハンズも20時30分まで営業しているので、嬉しい限りです。今度新宿にうかがう機会には、ユザワヤとハンズのはしごにチャレンジしてみたいと思っています。

| Shop | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
east side tokyo


シモジマさんの旧浅草橋6号館が、本日9月8日に造花・花器・クラフトホビーの専門館 「east side tokyo -FLOWER&CRAFT-」として、リニューアルオープンされました!
ラッピングコーディネーターの武田真理恵さんにお声をかけて頂き、Red Heart Storeオーナーさま、そしてご友人とともに、オープン前のイベントにお邪魔してきました。お陰様で新しいシモジマさんを存分に体験させて頂き、とても感謝しております。本当にありがとうございました!

1F/花器、造花、2F/花器・ドライフラワー、3F/フラワー資材、4F/クラフト、というフロア構成で、4F エレベーター前には、お子様が遊べる食器や絵本とともに、可愛い椅子のあるキッズスペースも♪

4F フロア正面にある、刺繍カフェコーナーがまず目をひきます。

キットとともに、刺繍のくるみボタンなど完成品の販売もされていらっしゃいます。今週末、ワークショップを開催されるそうです!

テーマカラーごとに、作品サンプルと商品をディスプレイされた棚が、要所要所におかれ、見やすく参考になります。

何色も展示されている中、この時期は秋色のディスプレイに思わず目がいってしまいます。

4Fは、本当にクラフト全般の品揃えで圧倒されます。フロア右手には、手芸関連のクラフト材料も、基本的な道具とともに充実の品揃えです。

この時期気になるカラフルな毛糸は、可愛く飾られていました♪

そして、フロア中央から左側には、ステーショナリー、スクラップブッキングなど、紙関連のクラフト用品がたくさん!

カリグラフィー、パーチメント、クイリング、

画材、アルバム、押し花、折り紙、などなど…本当に盛りだくさんです。

中でも、パンチのコーナーは圧巻!

棚一列全部がパンチ!という光景には、本当に圧倒されてしまいました。

その向かいにある棚一列は、スタンプとインクパッドが並ぶ、充実のコーナー。

奥の落ち着いたスペースは、ワークショップを開催されたり、自由にパンチを使えるクロップスペースです。

ご一緒にまわっている皆様をお待たせしてしまうほど、ついつい時間を忘れ見入ってしまいました。
友人に案内され、初めてシモジマさんに伺って以来久しぶりの探訪で、本当にどきどきしてしまい…気長にお待ち頂いた皆様、本当にすみません…そしてありがとうございました!
是非またお買い物に、お伺いしたいと思っております。

| Shop | 11:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
curiousさん


昨日の午後、上石神井のcuriousさんにうかがいました。

「つくる・つかう・つどう」がテーマのcuriousさん。この日は夏休みの「自由工作フェア」の最終日。お店中央の大きなテーブルには、マスキングテープをはじめ「描く・作る・塗る」カラフルな道具がたくさん!夏休み期間中、お子様で大変にぎわったご様子を伺いながら、大人でも思わずわくわくしてし、思わず何かを作りたくなってしまうなぁと思いました。

ちょっとしたアイデアで簡単に作れるカードや、切り絵を使われた飾りなど、手作りの楽しさを伝える作品をたくさん拝見させて頂きました。

想像力を刺激する、色とりどりのお道具たち!

棚に綺麗に並べられている商品も、本当にカラフルで心が弾みます。

画材とともに、ウッドビーズや木のおもちゃ、選びぬかれたこだわりの文房具を取り扱っていらっしゃいます。

イベントスペースでは夏らしい手ぬぐいフェア、布小物作家さんの作品と和小物が。

そして、新旧の絵本と書籍が並べられたイベント「キュリアスのほんやさん」では、本当にどれも懐かしい名作絵本ばかりで、感激してしまいました。読み聞かせの絵本もあるそうです♪

こだわりのヨーロッパ文具のひとつである消しゴムには、なんとお試し用もご用意されていて、こちらにも感激!消しゴムにも色鉛筆用や鉛筆用など、いろいろな用途があるという文房具にまつわる楽しいお話をはじめ、画材や絵本などなど…本当に楽しいお話をたくさん伺うことができ、ついつい長くお邪魔してしまいました。本当にありがとうございました!子供も大人も一緒に楽しめるcuriousさん、またお伺いする日を楽しみにしております。

| Shop | 16:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
呂古書房さん
 
豆本と古いもの、どちらも魅力的なものが一緒になったお店、呂古書房さんに伺いました。
場所は文房堂様の向かい、すずらん通り角 1階が大島書店さんの倉田ビル4階にあります。写真は、駿河台交差点側からビルを見たところ。中央が倉田ビル、左手には文房堂様のビルが見えます!

呂古書房さんは神保町の中で、豆本を専門に扱っていらっしゃる唯一の書店で、ギネスブックにのるほどの小さな豆本から、丁寧な装丁で彩られた、贅沢な手仕事を感じる豆本がたくさん並んでいました。
昭和初期の豆本をはじめ、紙モノの雑誌の付録や、蔵書票などのコレクターズアイテムでいっぱいの店内は、ひとつづつ丁寧に拝見したいものばかり…こんな手仕事をした豆本を作ってみたいなぁと刺激を受けっぱなしでした。今回は悩みに悩んで、呂古書房さんのカタログと雑誌の付録を購入しました。またぜひ伺いたいと思います。

お店のホームページは、こちら
お店の紹介記事は、こちらをどうぞ!
| Shop | 11:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
切手やさん
 
本日所用で出かけた帰り、偶然立ち寄った新宿の京王百貨店 7階で、切手やコインなどのコレクターグッズを販売しているコーナーを見つけ、嬉しくなりました。コレクター向けの国内、海外の未使用切手とともに、袋に入って使用済切手が並んでいました。
中身が全部は見えないまま購入してきましたが、あけてみるとクリスマスものやいろいろな国の切手が入っている、楽しい詰め合わせでした。
封筒の一部もそのままになっているので、水につけて切手だけはがすこともできますが、このままシールに使っても可愛いのでは、と思っています。

同じように、日本の使用済切手も大量の詰め合わせパックが販売されていて、どのような方が購入されるのか伺ったところ、切手だけを張り合わせて絵を作る手法をなさる方が、お求めになるとのことでした。

昔はデパートの上の階に、一件はこういったお店があったような気がします。
10年ほど前になりますが、横浜のモアーズにもあり、楽しくて仕事帰りよくうかがいました。最近では、実店舗が本当に少なくなっているとのこと…新宿ではこちらの店舗、一件だけになってしまったと伺い、寂しく感じました。でも同時に、時代が変わっても根強いファンがいることも、あらためて感じました。
詰め合わせの海外切手パックは、在庫をみながら定期的に補充されるとのこと。シート状のキレイな切手もたくさん販売されていらっしゃいますので、ご興味のある方、お近くにお立ち寄りの際には、チェックしてみてくださいね。ネットでも販売されているショップが増えましたが、実際にお店で見るのは、また違った楽しみがありますよね。

少し先の話になってしまい恐縮ですが、7月からのマルマン様のお教室でもこういった材料を使って、紙の雑貨作りを楽しんでみたいと思っています。
| Shop | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/4 >>