papeterie

色画用紙を使ったカードや
立体作品をご紹介しています

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

JUGEM Blog検索 JUGEM Blog検索
水彩絵具とスタンプインク

P2233372_2.jpg
水彩絵具(透明)+スタンプインク(ダイインク)を使ったdanielle flandersさんの作品に惹かれ、ぜひ試してみたいと思いました。
P2233361_2.jpg
手持ちの道具と材料でチャレンジ!
紙: ミ・タント(水彩にもおススメ)
スタンプ: ハートとお花(マーサのバレンタインスタンプ)
スタンプインク: ピンク系のメメント (ダイインク)
P2233360_2.jpg
絵具: 固形(パン)タイプの水彩絵具(不透明)
P2233362_2.jpg
水+絵具をつけた筆で、スタンプに絵具を軽く塗り、
P2233364_2.jpg
バランスをみながら押していきます。
絵具が多かったときは、あらためて絵具を付け直さず2回続けてスタンプ押したり、少しずらして重ねて押してみたり…

水の量を増やして薄めてもしっかり色がつく不透明水彩、これはこれでありかもと思いました。
なのですが、透明感を活かしたの水彩画風の仕上がりになるのは、danielle flandersさんと同じ「水彩絵具(透明)+ダイインク(水性染料系)」の組み合わせだと思います。
P2233365_2.jpg
重ねて押した部分に思わぬにじみの効果が出たり、楽しくなりついついたくさん押してしまいました。
P2243374_2.jpg
右上にスタンプ+シルバーのエンボス加工し、紙のフチをなみなみにカット、リボンをつけてカードにしました。
淡い2色が水彩絵具、鮮明なハート5色がスタンプインク。
シンプルな形のスタンプを使いインクは各色1か所ずつ、がやはりバランスがよいと感じました。楽しくてとまらないとき!は、何枚も紙を並べて一度に押し、1枚には押しすぎないのがよいと思います。
P2243375_2.jpg
ちいさなお花と
P2243376_2.jpg
カラフルなサクラ風、ちょっぴり和風な春のカードができました。

画材屋さんに絵具を買いに行ったけれど、種類が多すぎて選べず困ってしまったというお話を伺ったことがあること、また私もいまだにスタンプインクの多さに圧倒されているので、この機会におおまかにまとめておこうと思います。

------------------------------------------------------
スタンプインク
------------------------------------------------------
ツキネコさんのサイトを参照しました。紙にはどのインクでも使えますが、それぞれ仕上がりや紙との相性に特色があります。
さらに詳しい情報は、どうぞ下記サイトをご参照ください。
同じ種類のインクでも各製品ごとに特性があるため、商品説明(商品裏面に記載があるものが多い)をよく読まれることをお勧めいたします。
ツキネコ インク選び【 HOW TO】

【A】 水性
 (1)顔料系(ピグメントインク):
    鮮やかで不透明な感じの仕上がり。
    色数が豊富。
    乾きが遅いのでエンボス加工にも
    使える製品が多くあります。
   (商品名/アートニック,バーサクラフト,etc)
 (2)染料系(ダイインク):
    透明感のある発色で、速乾性。
    繊細な柄のスタンプに最適。
   (商品名/メメントなど)

【B】 油性
 (1)顔料系(ピグメントインク):
    耐水性、速乾性がある。
   (商品名/バーサファインなど)
 (2)メタリック(ピグメントインク):
    濃い、または暗い色の紙にメタリックな
    発色がきれい。乾きは遅い。
   (商品名/アンコールなど)
 (3)無色:
    ダブルトーン(濃淡模様)、
    エンボス加工の使用に最適。
   (商品名/バーサマークなど)

【C】 速乾溶剤性
 (1)顔料系(ピグメントインク):
    インクを吸収しない素材にも押せる。
    明るくマットで不透明な色。
   (商品名/ステイズオン・オペークなど)
 (2)染料系(ダイインク):
    インクを吸収しない素材にも押せる。
    濃いインク色が多い。
   (商品名/ステイズオンなど)

------------------------------------------------------
絵具
------------------------------------------------------
「水で溶いて使う→水性絵具」「専用の油で溶いて使う→油性絵具」に分類し、特徴をまとめました。
アクリル絵具は水で薄めて使えますが、乾くと耐水性になる点が水彩絵具と異なる特性です。乾きが早いためスタンプに使うときは、乾きを遅らせる溶剤などを使う方法もあります。
アクリル・水彩絵具いずれも仕上がりが異なる、透明、不透明の2種類があります。単色から購入できるので、お好きな色を選んで試してみるのも楽しいのではと思います。
東急ハンズさんのサイトでは、様々な絵具・画材の種類をわかりやすくご説明されています。
東急ハンズ【ヒント・ファイル】絵具の種類

【A】 水性
 (1)透明水彩 絵具(ウォーターカラー):
    下地(下の紙の色)が透けて見える
    透明度の高い仕上がり。
    チューブ・固形(パン)があります。
 (2)不透明水彩 絵具(ガッシュ):
    下地(下の紙の色)を隠すマット
    (つや消し)な仕上がり。
    チューブ・固形(パン)があります。
 (3)アクリル絵具:
    紙をはじめいろいろな素材に使える。
    乾燥が早く、乾くと耐水性になります。
    薄めると水彩風に、厚塗りにすると
    油絵風に使えます。
    様々なメディウム(溶液)とあわせて、
    多彩な表現が可能。
    アクリル絵具にも透明/不透明の2種
    あります。
 (4)その他  … 用途に応じて多数あります。

【B】 油性
 (1)油絵用 絵具
 (2)版画用 絵具
 (3)その他 … 用途に応じて多数あります。
------------------------------------------------------

| クラフト | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハートのパーツ
P2173326_2.jpg
パンチしたハートにグロッシー・アクセンツで光沢を出したパーツ。乾くまで一晩ほどかかりますが、乾くととても丈夫になります。水分がとぶと盛り上がりが減るので、少し多めにつけるのがポイントです。
グロッシー・アクセンツほど立体感は出ないのですが「バーサ・マーク+エンボスパウダー(クリア)」の組み合わせ、またクリアのマニキュアのコートを使っても、紙パーツに強度&光沢を出すことができます。
P2173322_2.jpg
アクセサリーパーツ2種類を使って、ハートのパーツを作りました。
丸ピン(9ピン)(最近は細いタイプがあり、紙でサンドイッチしたとき厚みが出にくくお勧めですが、時々○部分の形がゆるくなっていているものがあるので、使う前に確認するのがおススメ。
楕円カン(Cカン)(丸よりも回転したときピンがはずれにくいです)は、あらかじめパーツを通しやすいよう、少しひねって口をあけ準備しておきます。
P2173314_2.jpg
紙パーツの片面にボンド(ペーパーキレイ)をつけてピンを接着し、
P2173316_2.jpg
もう一方の面にもパーツをのせ指でぎゅっと押さえます。
P2173327_2.jpg
余分な針金部をカットし、ゴールドのエンボス加工したシャンデリアのパーツに楕円カンでとりつけて出来上がり!
いろいろなパンチのデザインでゆらゆら揺れる飾りつけを楽しめる紙パーツ、糸を使っても作れますが、金具を使うとより揺れる感じを楽しめると思います。
| クラフト | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
チョコレート&タグ・パッケージ
P2123242_2.jpg
レッドハートストアさんのブログにてご紹介されていて、可愛い!と思ったカルディのチョコレート。切手をモチーフのラベルで飾られたチェコ製のチョコなのですが、サイズがカレ・ド・ショコラと同じ!で嬉しい驚き♪同じことをレッドハートストアさんも気が付かれていてさらに嬉しくなりました。こちらの記事でステッカーアート&チョコのアレンジをご紹介されています。この可愛いラベルを見ているうちに、また小分け用の入れ物を作ってみたくなり、タグ型のパッケージを作ってみました。
P2143252_2.jpg
前回のスライド式はA4用紙1枚、今回のタグ型ははがきサイズ1枚で、簡単に楽しく作れるパッケージ、糸とストッパー部で封をするしくみです。
P2143265_2.jpg
表はシンプルにパンチのハートで飾りました。
P2153266_2.jpg
BAKER'S TWINE(ベーカーズ トゥワイン、パン屋さんのより糸 )という名前も可愛い、紅白のしま模様の糸をタグのヒモに使いました。昔はパン屋さんで本当に使われていたのでしょうか?クラフト紙の茶色にもよく似合いそう!
P2123245_2.jpg
バレンタインには間に合わなかったのですが、ホワイトデーにホワイトチョコを包んだり、紅茶のギフトにちょっこっと添えたりしても楽しいかも、と思っています。
ラベルファクトリーでA4用紙2枚 印刷すると18個のラベルが作れ、こちらのチョコの入数と同じに♪そこでこの空き箱も、作ったラベルでチョコを飾る額縁のように使えそうで楽しみです。
| クラフト | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
バレンタインカード・ワークショップ@カフェパンセさん
P2123235_2.jpg
カフェパンセさんにて開催された、藤岡まき子さん主催「ものづくりカフェ〜バレンタイン☆ワークショップ〜」に、参加させていただきました!
講師はカード作家、まつやりょうこさん。ブログでクリスマスカードのワークショップのとても楽しそうな様子を拝見し、次回の開催には是非参加させて頂きたいと思っておりました♪
ふだんひとりで作業することが多いので、お話しながら手を動かし、カードメイキングのアイデアやテクニックを教えて頂けたこと、出来上がったみなさまの作品を拝見できたこと、とても楽しいひとときでした。
カードに添えたリボンは、ひとつひとつ糸できちんと縫い合わされていたり、お土産用にと可愛いタグや材料まで!まつやさんのご準備とお心使いに感動しました!

また、カフェパンセさんのブラウニー&カフェメニューがどれもおいしくボリュームもあり感激…店内は居心地のよい明るい空間、そしてひとつひとつこだわりのあるメニュー!コーヒーの良い香りが漂う暖かい環境で楽しむ手作り、とても素敵で嬉しくなりました。

藤岡まき子さんは、小さいお子様連れで楽しめる「ものづくりカフェ」を定期的に開催されていらっしゃること、そのお志に感服しております。また4月には「mama'sフェスタ」も開催されるご予定です!お近くのみなさま、ぜひチェックされてみてくださいね。

藤岡さん、まつやさん、そして小さな可愛いおみやげをいただいたSさま、楽しい時間を本当にありがとうございました!
| クラフト | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレ・ド・ショコラ&ラベルファクトリー
P2103198_2.jpg
5種類のどれもおいしい、カレ・ド・ショコラ
P2103197_2.jpg
パッケージのデザインも好きなのですが「ラベルファクトリー」という楽しいコンテンツがあります。
P2093189_2.jpg
写真や文字を読み込んだり、パズルのように楽しむこともできますが、今回は自由に楽しめる無地のテンプレートを選択し、A4用紙にプリントしました。
P2093191_2.jpg
カットする前、最初に折り線ガイドにあわせ用紙を折っておきます。
P2093190_2.jpg
ミ・タントなど、しっかりした厚みのある用紙を使うときは、スタイラス(先端の丸い鉄筆)などで折り筋を入れてから折るのがおススメです。
P2093194_2.jpg
線に沿ってカットし、デコレーション♪ちいさなタグやカードを作る感覚で、スタンプしても楽しそう!
P2103195_2.jpg
3cm幅のマスキングテープを貼ると上下にわずかなスペースができる大きさ。通常の1.5cm幅のマステだと、2つのデザインをならべて貼って楽しめます。
P2093186_2.jpg
今回はハート、卵、風船のステッカーで作った花を飾りました。
P2103203_2.jpg
完成したラベルでチョコレートを包んで完成♪
専用のパッケージも作りたくなり、スライド式のケースを作りました。
板チョコ版のラベルファクトリーもあります。
| クラフト | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミモザのはなし
DSCF5753_2.jpg
数年前の写真ですが、近隣の公園で咲く1月のミモザです。
DSCF5756_2.jpg

DSCF5758_2.jpg
色も形も可愛い黄緑色のつぼみ。
これから咲くわくわく感がいっぱいです。
DSCF6017_2.jpg
3月になり開花して五分咲きの頃。
DSCF6021_2.jpg

DSCF6022_2.jpg

DSCF6023_2.jpg
風に揺れる黄色の丸い花を見ていると、本当に元気をもらえます。

こちらも昔の写真なのですが、お世話になったお家の玄関に飾られていた、フレッシュなミモザのリース。
撮影させて頂いたときはドライになり少しイメージが変わっていますが、イキイキとしたフレッシュなリースを初めて見たときの感動がずっと残り、そのイメージからカードを作りました。
P1112818_2.jpg


リースと同様にマーサの「Pine Needles Edge Punch」で葉を、「赤い実のリース」の応用で花にフロッキング・パウダーをつけてアクセントにしました。

作りながら調べたくなった花言葉には、「豊かな感受性」(花言葉ラボ)、「友情」(花言葉辞典)」がありました。
「フランス・プロバンス地方では、2月中旬頃に春の到来を祝うミモザ祭りがあること、イタリアでは、3月8日の「女性の日」に、お世話になった女性にミモザの花を贈る習慣がある。」(同サイト)

「ナポレオンのお后が1804年ミモザを植えたのが始まりといわれています。200年が過ぎ、オーストラリア生まれの黄色い花はすっかり南仏に根を下ろし、青い空の下でたくましく生きています。美しいだけではなく、フランスで暮らす異邦人や移民の人々を勇気付けるミモザの花でもあります。」(ニュースダイジェスト
春の到来を告げる多くの人に愛されている花だということ、あらためて知り嬉しくなりました。
| クラフト | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
New Year タグ
P1022794_2.jpg
新年のお遣い物に添えようと、5つのNewYearタグを作りました。
P1022797_2.jpg
一番最初に作りたかったのは、マーサの葉っぱのパンチ+赤い実で南天(新春というより冬のイメージですが、難を転じるという縁起ものとして)のイメージにしたものです。そしてせっかくだったら5種類デザインの違うものをと思い、お正月のイメージで金の水引を使って2点、ラジオペンチで曲げてリボンの形にしたものと、リボン結びをしてボンドで貼ったものを作りました。
P1022796_2.jpg
もう2点は、切り文字した赤と背景の白いタグを重ね、文字の中にハートや小さな●をつけたものです。
P1032799_2.jpg
パンチで作った小さな南天の赤い実には、グロッシーアクセントで光沢を出しました。
P1032801_2.jpg
はがき3等分サイズの少し大きめのタグ、贈り物にちょこんと添えてリボンとカードの両方の役目をになってくれたような気がします。かんたんなクラフトですが、自分の原点「気持ちを託して贈る」ちいさなサプライズを忘れないように、という思いもこめて今年最初の作品としてご紹介させて頂きました。受け取ってくださった方が喜んでくださることが、次作るものの一番の原動力だとあらためて感じてます。
| クラフト | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
12/24 グリッター・リボンとシルバーのツリー
PC212648_2.jpg

PC212650_2.jpg
アドベント・スケッチブック、24日のページは、シンプルできらきらしたものを…思い、 グリッターのリボンとシルバーのツリーを作りました。こちらは自然光での写真。
PC212646_2.jpg

PC212640_2.jpg
そしてこちらは照明下での撮影です。ツリーのシルバーとグリッターの感じはこちらの方がよりわかりやすいでしょうか…
グリッターの色見本にもなればと思い、18色 全部使ってみました。
PC052118_2.jpg
ツリーに使用したカラートレーシングペーパー
PC212633_2.jpg
6色ある中から、今回はシルバーを選び、
PC212634_2.jpg
枝のパンチでパーツを作成しました。
PC212635_2.jpg
写真によって色味がかわってしまうのですが、この写真が実際の印象に近いのではと思います。
透明感のある、シルバーのパーツがたくさんできました。
PC212636_2.jpg
どう接着するか試案した結果…Yes Pasteを塗った上に、ちょんちょんとパーツを置くように接着。
PC112278_2.jpg
リボンのオーナメントは、両面テープをはったミ・タントをパンチでぬき、グリッターをつけました。
PC212668_2.jpg
アドベント・スケッチブックは、こんな風に立てて飾る楽しみもあります。内容はアイデア段階のものもあり、ブログに掲載するのもどうか…とも考えましたが、毎日楽しみにしているというお声をいただき、とても励みになり嬉しく、思い切って掲載してよかったと感じています。ご覧頂きありがとうございました!
PC212653_2.jpg
みなさまにとって、どうぞ暖かいクリスマスとなりますように!
| クラフト | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
12/23 サンタ・ハウス

PC232748_2.jpg
明日の準備に忙しい、サンタさんのお家。
PC232752_2.jpg
あたたかい気持ち、嬉しい気持ち、感謝の気持ち、目にはみえないけれど素敵な贈り物を袋いっぱいに準備中です!
PC232739_2.jpg
ハートのコンフェッティは、ミ・タントに金銀のマステを貼って、マーサのパンチと、大小2サイズのハート型ハンドパンチで作りました。厚みのあるしっかりした金銀のパーツを使いたいときは、この方法で作っています。

今日は世田谷ものづくり学校さんでご参加頂いたみなさまから、たくさんの嬉しい気持ちを頂きました。
サンタさんの袋に何を入れようか…ぎりぎりまで考えていたのですが、今日のワークショップで感じた気持ちと感謝をこめてハートをいっぱい入れよう!と思いました。ワークショップにご参加頂きましたみなさま、お世話になりましたみなさま、本当にありがとございました!またあらためてワークショップのご報告させて頂きたいと思います。
みなさま、どうぞよいクリスマスを!

| クラフト | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
12/22 イタヤ馬とスニップ スタンプ シート


秋田 角館のイタヤカエデを使って作られているイタヤ馬、おみやげで頂いてとても嬉しく、大切にしています。
今回、スケッチブックの飾りつけに登場してもらいました。

はじめてであったとき に一目ぼれで、ラコンテさんの冊子を参考にミ・タントで作ってみました。(この馬がどこかにまぎれて見つからず残念…)こちらの号は残念ながらすでに完売なので、作り方が載っている本を探したところ、「つると草の編みカゴの本 自然素材でつくる作家もの+作り方」に記載がありました。
動画でも作り方が紹介されているかもしれませんので、ご興味ある方どうぞ探してみてくださいね。コツをつかむまでひとつ仕上げるのに少し時間がかかるのですが、その姿はとっても可愛い♪
身近な材料で作り、トナカイに見立てクリスマスに、また来年の干支としても飾ってもいいですね!
スケッチブックにはったイタヤ馬には下記工房の説明書が添えられていました。
------------------------------------------
【民芸イタヤ工房】
秋田県仙北市角館町雲然荒屋敷231-1
tel: 0187-53-2609
角館のイタヤ細工は、イタヤカエデの若木の幹を帯状に裂いてこれを編み、様々なものを作ります。
その技術は、寛永年間(1790年頃)に農村におこった副業が発展したものといわれていますが、はっきりした資料や記録は残されていません。そのことは純然たる農村の手工芸であることを物語っており、わずかにその発生に素朴な昔話めいたことしか伝えられていないことは、イタヤ細工こそは民俗工芸の典型であるといってもいいでしょう。
細工は、細い帯状の材料を原木から得る工程と、帯状のものを編む工程に分かれていますが、そのほとんどが手作業です。製品の中心をなすものは簀(←ちょっと漢字があいまいですみません)であり、ほかにカッコベ(腰に下げる魚籠のようなもの)小ツヅラ等があり、玩具としてイタヤ狐、イタヤ馬などがあげられます。
イタヤの持つ白い木肌の素朴さから相まって深い味わいのある工芸品として愛されています。
------------------------------------------

PC212655_2.jpg
背景には、スニップ スタンプ シートを使いました。
とても手軽にオリジナルのスタンプが作れます。以前、スポンジはんこという名前で販売されていた商品が名前を変えて現在も販売されているのを知り、嬉しかったです。(英語で、はさみでちょきちょきを、スニップということ初めて知りました!)



以前は、ちいさいパンチを使った小さいスタンプを作り、



ぽち袋用に繰り返し模様をスタンプしました。
PC212658_2.jpg
自由に形を切り抜いたりパンチした形を、付属の透明シートに接着して使います。
曲面にもスタンプでき、はさみでもカットできる考えられた付属のスタンプ台は薄いシートなのですが、
PC212667_2.jpg
紙の上に押すときはアクリルブロックやCDのケースなど、透明で固めの素材に接着すると作業しやすいです。
PC212657_2.jpg

PC212656_2.jpg
インクもウエットティッシュでお掃除するときれいになるので、年賀状作りなどにも繰り返し使えると思います。
はさみでちょきちょきと簡単に作れたり、パンチで作った形をスタンプにできるのが魅力。
パンチを使ってスポンジをぬくときは、パンチとの相性があるので、その点どうぞお気をつけくださいね(あまり細かい模様は難しいと思います)
こちら、12/23のワークショップで、みなさまにお試し頂こうと思っております。
明日みなさまにお会いできること、楽しみにしております!

| クラフト | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 3/19 >>